印象に残る言葉

弊社会長から仕事をする時に教えてもらった事で印象に残っている言葉があります。
この布団の丸洗いを事業をする際、決して『拝金主義になるな』でした。

私はこれまで、事業とは効率であり、収益至上主義でありました。企業が事業をすることの最大の目標であると、その上で社会貢献であると。

しかし、世の中に必要なもの、必要とされなければ事業は成り立たないと改めて教えられました。最近自分自身に、既成概念や前年踏襲はだめだと言い聞かせていますが、まさに本質から考え方を変えないといけないと思いました。

新しいことを始めるのに、常に邪魔になる『収益性』、『手間がかかる』、『やる前から出来ない』、まずは行動して、そこに分かり切った問題点があったとしても、どうすれば解決できるか挑戦する事が、個人の成長であり、会社の成長であると思う。

今の社会の閉塞感は意外とこの事と近いのかもしれない。