ニュースで5Gについて報道していましたね。

通信の世界も日進月歩ですね。
4Gでもすごいと思っていましたが、いよいよ5Gの時代になるのですね。
5Gは単に通信のインフラというよりは、IoT時代に即した「同時多接続」や「低遅延」といった要素が盛り込まれ、人々の暮らしを一変させる可能性を持つと言われています。

5Gであれば自動運転などでより安全性が高まると言われています。
早くのその未来が来てほしいです。そうすれば、自宅にお布団を自動で取りに行き洗浄後自動でご自宅にお届けするスキームができると思います。
期待しています!!

西川さん攻めてますね~

本日、来年のクリーニング師試験の資料を取りに行くため千葉駅まで行きました‼️
千葉駅自体きれいになりましたね。駅ナカ商業施設も充実していました。
そんな中、あるお店の前のポスターを発見。
それを見て西川産業さんが事業多角化をされているなぁと驚きました。
寝具で蓄積された羽毛のノウハウを今度はウエアに活用。
いろんな形で企業価値の発信をされていることに感銘しました。
991.jpg

ついに寒い季節がやってきました!

11月も下旬になり、ついに寒さがやってきました。
本日の朝の気温が7℃。この季節になると我々の工場にくるお布団も減ってきます。
当然冬布団を使用する季節なので、なかなかクリーニングする機会が減るわけです。
この時期に洗えるものを考えたいと思います!!

良質な睡眠をとるためには

最近よく言われていますが、良質な睡眠の為には、まずは寝室環境が大切です。
室内は明る過ぎず暗過ぎず、30ルクスぐらいが丁度良いみたいですね。
次にやはり寝具(ふとん)のメンテナンス。定期的に洗浄したお布団を使用することです。
環境が整えば、寝る前のひと工夫。
就寝前の飲み物はメラトニンを多く含んだミルク、とりわけホットミルクが最適。
メラトニンには脈拍や体温、血圧を低下させるなど睡眠を促す作用があります。
簡単な運動、手足を動かしてあげましょう。入眠作用が働きます。
お布団に入ったら、単純な作業、羊が1匹などがその代表例です。眠気を起こします。
こうすることで良質な睡眠をとる習慣をつけて健康を維持しましょう。

西川産業とパナソニックが睡眠関連サービスの共同開発を開始

眠りについて最近、専業メーカー以外の企業がいろんなコラボなどして新しい発信をしようとしていますね。西川さんとパナソニックさんもいい例です。
専業メーカーだけでなく、新しい発想は異業種と組むことでできるものなのでしょう。

寝具メーカーの西川さんと寝室環境において重要な要素である温度、湿度、照明、音響等の機器ネットワーク制御技術を有するパナソニックさんとの両社で、睡眠環境をサポートするサービスの開発を開始されるみたいですね。

今後は、モノ消費からコト消費に移行するなか、このような新しいサービスが新しい需要を喚起することになるのでしょう。


ふとんクリーニング市場

我々の布団洗浄の市場をまとめた資料を最近読みました。
それによると、布団丸洗いはまだまだ馴染みが薄いが、潜在需要があると分析しております。消費者アンケートからも、最も利用率の高い40代女性においては、利用経験者の60%が1回に3,000円以上を使い、50%が1回に5,000円以上を使い、40%が1回に7,000円以上を使っている。潜在需要をどう喚起してリピーターにするかが今後の課題である。

また総務省統計局「家計調査(総世帯調査)」によると、クリーニング代の支出は下がっている。家計1世帯がクリーニング代(洗濯代)にかける年間支出金額平均は、2010年で6,951円、2012年で6,210円となっています。
今後は、丸洗いの良さをどう伝えるかと同時に丸洗いを依頼する際の利便性の向上とそれに見合う価格サービスの向上の3点が課題であると感じました。

お得意先回り

昨日は、本社でもお世話になっているお得意先に関東でもご利用頂けるように挨拶回りを致しました。
急なお布団のクリーニングでお困りの際はお気軽にお申し付け下さい。
速やかにご対応させて頂きますとお伝えしてきました。