イノベーション

最近AIやIOTなどテクノロジーは日進月歩で進化していますね。
近い将来、お布団の丸洗いにおいても応用される可能性があるかも? 
お布団を洗うことが日常化すれば必ず合理化する仕組みができる可能性は大ですね。
自動梱包や仕上がりチェックなど。入荷時のお布団検品もスキャナーで読み取る時代が来るかもです。笑

新倉庫お掃除2

昨日は二回目の倉庫のお掃除。
昨日はさすがに暑かった‼
空調がまだ効かないため蒸し風呂状態。
やっぱりこの時期の掃除は控えようと思いました。(笑)
熱中症に気を付けないと。

寝具業界のイノベーション

ここ数日、お布団の丸洗いは増えてきて感じることがあります。
お布団を洗うことが日常化になりつつある。しかし創業者がこの事業始めるとき、業界関係者はきっと頓挫すると思われていたみたいです。確かに何もなかった訳ですから。

仕組み、機械、技術などなど。普通の人なら間違いなく頓挫していたと思います。
そもそも前例がないことには手を出さない。チャレンジしても、まず問題点から抽出しそれを解決できるまで先に進まない。やっとの思いで事業化しても結果が伴いないとすぐ撤退。
これではイノベーションもあったものではないですね。
挑戦⇒失敗⇒検証⇒挑戦⇒失敗挫折⇒検証⇒挑戦⇒イノベーション。

よく巧遅は拙速に如かず。まずは新しいものに取り組めというリーダーがいますが、ご自分が隗より始めよと言いたい。笑
そう思うと創業者はすごい人物だと思います。


お布団洗浄の季節

ゴールデンウィーク明けから、お布団の洗浄依頼が日々増えてくています。
この時期から大体10月いっぱいまでがお布団洗浄の繁忙期になります。
有難いことです。お布団を洗う習慣が根付きつつあることをうれしく思います。
まだまだですが、将来当たり前のようにお布団を洗うことが日常化する時代が必ず来ると信じて今日も仕事に邁進致します。

新倉庫の掃除

フレスコ東京に新しい倉庫ができました。フレスコ東京工場より大きい倉庫です。
本日は仕事の合間に新倉庫の掃除に行きました。
ほこりがかなりあったため、まずは掃除機で取り除き、そのあと水を撒きデッキブラシでゴシゴシ。意外に腰にきます。笑
今日のところは入口付近を中心にやりました。
来週から作業の合間を見つけて、掃除を行います。
夏までにきれいにしたいです。

うれしい出来事

先日新規のお取引先様がフレスコ東京にご来社頂きました。
商談工場見学の後、先方様からフレスコウォッシングシステムに関しまして高い評価をお持ち頂いていることをお聞きすることができ大変光栄に感じております。
また、フレスコ東京従業員の元気な挨拶や、綺麗な工場であるというお褒めのお言葉を頂戴致しましたことスタッフ一同感動しております。
さらに緊張感と常に元気で綺麗な工場を維持しつつ工場運営に努めてまいります。
ご来社頂きましたお取引様有難う御座いました。

おふとんを洗うというパラダイムシフト

本日は寝具業界のパラダイムシフトについて書いてみました。
フレスコの創業者は常々「ふとんは洗わなければならない」と説いてきました。
フレスコを設立し、ふとんを洗うことを定着させねばならない事を説いて回る事から始まった。寝具業界のほとんどは、洗うということを頓挫する予測していました。理由はふとんは洗わないということが常識があったからです。創業者のご苦労は図りしれません。
なにせ非常識への挑戦なのですから!
創業時、ふとんを洗う機械はない、洗う洗剤もない、洗う技術もない、乾燥させる機械もない、ないことだらけ。1つ進めば問題発生の毎日。
普通の人なら嫌気がさしやめてしまうでしょう。心が折れますよ。
今日があるのは、創業者が「ふとんを洗う習慣は必ず定着する」という信念を持ち、迷わず継続し、執念のごとく取り組んだと言うこと以外に理由を説明する事は難しい。
今風にいうとパラダイムシフトなのでしょうが、なかなかできるものではありませんね。
何かを成し遂げるには、人が想像をはるかに超える困難との闘い、自分との闘いと改めて学ばせて頂きました。

画像は、社員からのお土産です。Have a break !

20180509_085851.jpg

フレスコロゴマークに込める思い

ゴールデンウィーク明け雨が続きますね~
ところで、フレスコ東京のフレスコの思いを今回はご紹介させて頂きます。
フレスコ「FRESCO」。イタリア語で爽やか、爽快、新鮮を表します。
英語のフレッシュの語源とも言われています。
おふとんを清潔にという思いと一致しているからでしょうね。

あとフレスコ画は、塗り立てのしっくい壁画に水彩で描く画法は有名ですよね。

さぁ~休み明け頑張って洗わせて頂きます!